20代の辺りは、ちょこっとほど状況悪くても、片頭

20代の辺りは、ちょこっとほど状況悪くても、片頭痛があっても、おなかを下しても、割と大丈夫だった僕。
もちろん体調不良の時はそれなりに息苦しいけど、アッという間に良くなるという誇りがあったし、多少の体調不良ならば暮らしに何らトラブルが出ませんでした。

けど、30年も後に差し掛かった辺りから、「何だか流感気味」という自分の状況改善に過敏になり始めました。
いつもと違う怠さ、関節やのどの痛み、咳や鼻水など、軽々しい流感変調も何かをする時にさんざっぱら気になるようになったのです。

これってさすが、階級を取ったという事ですよね。
私も夫も、結婚した当初はそれぞれまったく30代初期で、近年思えば元気な代物でした。
単なる流感周辺へっちゃらで、わざわざ「流感ひいたかも」なんてアナウンスもしませんでした。
ちゃんと食べて、早めに寝れば、翌日には随分と良くなっているのが殆どだったし、薬を飲もうとも思いませんでした。

年を取ると、こういう小さな状況改善が厭わしい代物なのだということを知りました。
意欲や若さで頑張れる折は過ぎたのだなと思います。

私も夫も40価格になりましたが、下のキッズはまだまだ3年でこぶしがかかります。
因みに、下のキッズの大人という、夫の還暦が重なります。
坊やの健やかな育ちの為にも、僕って夫が健康でとどまることは至って必須。
それぞれ「健康第一」を毎年の豊富にして、いつまでも元気でいようねと奮い起こし合っています。http://womentonic.xyz