自身は、ジャンプコミックスのナルトが一番大好きな

自身は、ジャンプコミックスのナルトが一番大好きな戯画だ。なぜ博士かというって、私の運命に思い切り大きな反響を与え続けているからです。こんなナルトから運命で要所を学んです強みをご紹介します。

1.ナルトの成長過程から学ぶことが多くあった
ナルトは、1990時ごろに連載がスタートし、2014時の人気のなか、その連載が終了しました。つまり、最後は生地一番の忍者、火影になれたということです。第1話では、依然として忍になるために、勉強で忍術を学ぶところから描かれています。そこから第72巻まで、ナルトやその周りの友達たちは、精神面での成長のみならず、体躯もしだいに大きくなり、元々成人だった先生や勝者たちは、時をとっていくなど、時間のはやりも表現されています。このようなもうすぐ成長が描かれていく戯画は、極めてめずらしいと思います。ナルトでは心理の成長によって、物理的な成長もある結果現実世界ものの感覚で、何を目標に活動があり、それがどれだけ苦しく、そのためにどれだけの歳月が必要なのか、を学びました。ボク、ナルトの連載が始まった頃、ぎゅっとナルトと同じ年代で、ほんの少しですが、ナルトの情況もののものがありました。なので、「いかにも活動はそういった賜物です。自分もまねしてみよう。」というきっかけになり、「活動」の大切さを学びました。

2.精神面での成長を学べた
1もお話したように、ナルトでは現実世界という成長が体感できる作品です。そこから精神的な成長も学ぶことが多くありました。一層、ナルトは時間のはやりと共に描かれているので、ちっちゃい気力で感じていたことや勘違いしていた所作、強がったりしていたことが、成長と共にやり直しや強化を繰り返しあるいはストレスする雰囲気も描かれています。こういう描出は同じ年頃だった自身において、複雑な年代を強く、冷静に考え精神的に速く成長できる良い学びとなりました。

3.人道的なゆかりの大切さを教えてくれた
現代では、徐々に人間のゆかりが希薄になりつつあると言われていますが、ナルトではその大切さが描かれているように感じました。ナルトの魅力の一つに、「仇敵も仲間も表裏一体」です面があります。どういうことかというと、標的が同じでも、印象が違ったり、少しの誤りが生じてしまうといった、仇敵にも判別にもなるということです。ナルトではそのような心理的な描出が賢く表現されています。また、友情や愛が強くなるというその分それに対抗する位置付けに関する負けん気も強くなることも表現されています。そうして、その配分に悪戦苦闘しながらも、解決しようといった努力するのがナルトだ。やはり、現実世界では上手くいかないことも多々ありますが、人道的なゆかりを大切にする印象は、大いに大切ですね。そうして、ナルトの地元です木ノ葉の生地は、強国で、過去に他国を武力で緊張したという実績から、他国に敵対心情をばらまいていました。戯画のおわりに進むにあたって、その不具合が取り上げられ、複雑な状況にもなりますが、ナルトが少しずつ真正面から向き合うため、国々のコントロール類で敵対しがちな長たちもだんだん柔軟な印象を取り戻していくところが描かれています。海外の戯画では、絶対的な主役という絶対悪が二極化して描かれ、勝利するまでが描かれますが、ナルトでは、そのあとの示談までが表現されています。これも、大きなものがちっちゃなものを虐げることが良くないこと、また、良心にも悪にも本当にそれほどなった事由があり、もしかすると理解し合えるかもしれない、そんなことが描かれていて、学びになりました。

ナルトからは、運命で大好きを小学校の頃に学ばせてくれました。今でも学んですことはだいぶ活きています。xn--u9ja691xp5ff3ixjsm6hpk7a.xyz